体育祭

2016年の体育祭のスローガンは百花斉放。生徒一人一人の活躍を多くの花が一斉に咲き誇る、という意味に重ね合わせています。

行われている競技は、騎馬戦や棒引き、男女混合で行う混合リレー、毎年メニューが変わる障害物リレー、運動部で戦う部活対抗リレー、先生も混じって行う先生競技(つい最近から競技に加わりました)、文化部が行うパレードなどなど…

競技は、組対抗で勝負するため、先輩後輩の関係を築くことができます!勝負の中で重要な役割を果たすのが、応援団です!!応援団は、ABCのクラスごとによって形成され、2~5年生の中で入りたい人が入ります。応援団の役割としては、開会式に行うそれぞれのクラスの応援団長が選手宣誓に始まり、最初に行う応援合戦、練習したダンス(それぞれお揃いTシャツを着たり、顔にペイントしたり…)を踊る、リレーなどの競技の応援などがあります。また、応援団賞という応援団のパフォーマンス(上:応援団長による選手宣誓 右:今年の応援団の方々)


 

東附の体育祭には体育祭定番の競技から東附独特の競技まで、さまざまな競技があります。リレーや騎馬戦は体育祭の花形のような種目です。リレーだけでも、一年生から六年生まで各学年の選手がバトンをつないでいく混合リレー、選抜されたクラスの精鋭が学年ごとに順位を競う色別リレー、六年生全員が抜きつ抜かれつの熾烈な争いを繰り広げるファイナルレース、パン食い競争から借り物(人?)競争まで、競技も変更されて新鮮、バラエティ豊かな障害物リレー、運動部がPRを賭けてトラックを駆ける部活動対抗リレー、と沢山の種類があります。騎馬戦では男女に分かれてそれぞれで総当たり戦や大将戦で闘います。いずれもとても応援が盛り上がります。(騎馬戦の大将戦、色別リレー、ファイナルレース、東大連峰)

東附独特の競技には東大連峰や文化部によるパレードが挙げられるでしょう。東大連峰は4、5人で立てた棒を上って旗を立て、そして次の走者が前の走者が立てた旗を取って…という競技です。今年の文化部パレードは運動部の部活対抗リレーの形式から、パレードの様に文化部で行列になってPRしながら歩く、という形式に変わりました。それぞれの文化部の小物や衣装が個性的で面白いです。今年からは委員長によるそれぞれの文化部へのインタビューも行われました。

応援団の盛り上げも含め、絆も深まる、学校行事の中でも特に盛り上がる楽しい行事でした!