2017年度体育祭

2017年度体育祭

~雲外蒼天~


 

5月14日に2017年度体育祭が行われました。今年度のスローガンは「雲外蒼天」です。この言葉は、困難を乗り越えれば必ず良い結果が待っているという意味があります。そのスローガン通り、雨で延期になるという困難を乗り越え、良い体育祭になったと思います。今年は新しい試みとして、テーマが生徒全員いつも意識できるよう、グラウンドから見える位置にテーマが貼られました!

 

まずは結果です。左から順にA組、B組、C組です。A組が二位に大差をつけて優勝!確実に勝利を重ねていきました。得点板の更新や発表は、卓球部の部員が行っています。また、得点板だけでなく、選手の招集、審判、救護など様々な部活がで体育祭で大きな仕事を担っています。

 

 

 

続いて、東大附属の体育祭には様々な特長があります。

こちらもCの字をみんなで表しています!

Bを体で表現!

A組応援団の円陣!

その一つに、応援団があります。応援団は各クラスの有志で結成されておりその人たちが体育祭を引っ張っていきます。まずは、体育祭の初めにお揃いのクラスTシャツを着て、毎日練習したダンスを披露します。今年は特に、流行した音楽やネタを存分に取り入れており、とても盛り上がりました。また、ダンスだけでなく競技中の応援でもクラスの先頭に立って大きな役割を果たしています。今年は、恋ダンスを踊ったC組が応援団賞を獲りました。

 

また、応援団は、各クラスのスローガンを考えます。

毎年クラスの名前を取り入れたユニークなスローガンが出ます。今年のスローガンはこちら!

A組スローガン

そして、もう一つの特長として、東大附属という名のごとく東大連峰という競技があります。四年生から六年生の後期男子生徒が行う競技で、一位60点、二位40点、三位20点となっています。五人一組を組み、各組それぞれ9チームで競います。各チームビブスを着ている人が待機地点から数十メートル先に配置されている棒を登り残りの四人でそれを支えます。棒の先に小旗を突き刺し次のチームと交代し、次のチームは刺された旗を回収します。これを繰り返し全チーム登り終わった速さで順位が決定します。この競技は各チーム登り方に個性があり毎年とても白熱します。今年はC組が一位でした。

また唯一クラス対抗ではない部活対抗リレーは、去年は文化部がパレードという形でしたが、今年は運動部文化部共にガチレースで挑みました。それぞれの部活を象徴するものを持ったり着たり?してバトンを繋ぎました。そして後日、タイムが速い順に集会での部活PRの時間が設けられました。

 

 


 

今回の体育祭で中心となって活躍した体育祭実行委員長、各クラスの応援団長にアンケートを取らせていただきました。

 

体育祭実行委員長

1.大変だったこと

競技のエントリーに間違いや漏れがないか確かめる作業が大変でした。出来上がったエントリー表は委員や庶務局、幹部の努力の結晶です。

2.楽しかったこと

委員会、局、部活と連携し、多くの人と力を合わして体育祭を作り上げることがなにより楽しかったです。

3.感想

雨天順延となりましたが、無事体育祭を終えることができ大変嬉しく思います。今年度の体育祭は昨年の冬、副委員長と私の2人でスタートを切りました。その後、6人の有能な幹部を迎え準備を進めて参りました。今年の体育祭をより多くの皆様に楽しんで頂けたのなら、これほど嬉しい事はありません。大きな怪我がなく終えることができたのは、体育祭へ快くご協力して下さった皆様のお陰だと思っております。近隣の皆様、保護者の皆様、教員の先生方、局、委員会の皆さん、そして委員のみんな……体育祭へご尽力下さった全ての方に、この場を借りて御礼申し上げます。そして前年度顧問の先生、今年度顧問の先生、多くのご支援をありがとうございました。最後に幹部のみんな!頼りない私を最後まで支えてくれて本当にありがとう!幹部の力なしに体育祭は成り立たなかったとしみじみと思います。生徒の皆さん、楽しかったですかー!!

 


A組応援団長

1.大変だったこと
1番大変だったのは応援団のダンス練習です。最初は、本当にこれだけ?って驚くくらい人が来なくて、大丈夫か心配になったのを今でも覚えています。そして、最後の方に詰め詰めでダンスや隊形移動、声出しなどをやったのが結構大変でした!でも、みんなよく頑張った!

2.楽しかったこと
練習の日々も楽しかったのはもちろんのことなんですが、やっぱり体育祭中の応援団が1番楽しかったです!優勝した時の楽しさが1番だったのではないでしょうか!みんなで本気で何か1つのものを成し遂げるっていいものですねぇ。

3.感想
問題です。この人は誰でしょう。
この答えがわかるということはもう体育祭は終わっているのでしょう。終わったということはおそらくA組が優勝しているのでしょうね。優勝したということはみんな喜んでくれているのでしょう。イェェェェェーーーイ!茶番はさておき…
優勝できて本当に嬉しく思います。みんなは熱が冷めている頃でしょうが、僕はこの体育祭の思い出を墓場まで持って行くつもりです!おじいちゃんになっても、わしはの〜って語れるほど充実していたし、満足しています!応援団のみんな、A組のみんな、本当にお疲れ様でした!ありがとうございました!
それでは!最後に一言、アディオス、アミーゴ!


B組応援団長

1.大変だったこと
今年のB組応援団は過去最高なのではないかと思うくらい人数が多く、特に立ち位置や移動の支持がとても大変でした。団員のみんなには体育祭直前までたくさん迷惑をかけてしまいました。また、個人的にはダンスを覚えるのにとても苦労しました。私のほかにも苦労した団員は多かったようですが、必死の練習の成果が当日発揮できたのではないかと思います。

2.楽しかったこと
全部です!応援合戦はもちろんですが、競技中の応援もとても楽しかったです。毎年体育祭の最後に行われ、各クラスの代表が走る色別リレーの応援では、白熱したレースに生徒席の隣に集まっていた団員たちの応援にも熱が入りました。リレーを走った人たちとてもかっこよかったです!

3.感想
B組応援団、B組のみなさんお疲れ様でした。残念ながら優勝にも応援団長にも届かずという結果に終わってしまいましたが私の中ではとても楽しい体育祭になりました。練習から体育祭の終わりまで不甲斐ない私をとてもしっかり支えてくれた副団長の2人や最後までついてきてくれた団員には本当に感謝しています。ありがとうございました。


C組応援団長

1.大変だったこと

今年は皆元気が良く雰囲気づくりに困ることなく、練習中も楽しさが大変さに勝っていたので振り返ってみてあまり大変なことはなかったと思います。あえて一つあげるとしたら、1番大変だったことは団幕のペンキを買いに行くことでした(笑)

2.楽しかったこと

練習全般も楽しかったけれど、休憩中に和やかな雰囲気で縦割りの学年同士でいろんな話をできたことが1番楽しかったと思います。

3.感想

まずは、C組応援団賞を取れてよかったと思います。雰囲気も良かったし、皆団結できたので団賞以上の何かを得たような感じがします。支えてくれた副団をはじめとする団員のみんなには感謝の気持ちでいっぱいです。 練習中にはonとoffの切り替えがキチッとできていたと思います。土日も忙しい中多くの人が集まり、「始めるよ」っていうとすぐに自分の配置についてくれて数少ない練習を有効活用できたと感じています。 最後に、来年もみんなが応援団続けたいって思ってくれると嬉しいです!!! よろしくお願いします。