2017年度銀杏祭

目次

参加団体一覧

部門一覧・部門長インタビュー

委員長インタビュー

グランプリ団体一覧・インタビュー

 

参加団体一覧

一般参加団体

ちょっとチキンやめてくる
じょぶ!ジョブ!GoodJob!
TOFU ♠ STARS
Hatch
怪盗ミニオン~卒業アルバムを取り返せ~
ホームズからの挑戦状
スポーツ世界一周
きのこの里たけのこの山
脱出ゲーム~3つの忘れ物~
氷上劇団 PENGUINS!!

食品参加団体

THE 縁日 returns
喫茶ラ・ラ・ランチ
Café Joséphine

部活動参加団体

写真部
管弦楽部
ART CLUB(美術部)
生物部
銀書亭(書道部)
鉄道研究部
MILK HOUSE(生活科学部)
マンガメディア部
演劇部
天文部
文藝部
計算機科学部
運動部ブース

イベント団体

大腸包小腸+ Cazziα
Playing!!
Alstrømeria
Scorpions
Dragon&Peace
Fraternal
Alcadia
Straßen
Ebony&lvory
BLOOD ORABGE

学習参加団体

1年総合学習
2年総合学習
3年宿泊行事(福井)
3・4課題別学習
5年宿泊行事(長崎)
6年卒業研究

生徒会・委員会

生徒会ブース
本の広場

PIA・生協

PTA役員会
PTAバザー委員会
てぶくろの会
生協

部門一覧・部門長インタビュー

 

校内管理部門

一番大変だった事
規定の解釈。規定に明記されていない出来事を、例年からの事例を参考にして解釈するのがとても大変だった。その為に部門内で何回も議論をしたりした。私だけで決められない所が多々あった時は、部門員達が色々な意見を言ってくれてとても助かった。
一番のやり甲斐
全部。夏休み中のパネル修復から始まり最後の片付けの誘導まで多様な仕事全てにやり甲斐があった。
一言
銀杏祭の1週間ずっと忙しかったので食欲が無くなりなんと3kg痩せられました。痩せたい人は部門長になろう!

開会式部門

一番大変だったこと
部門員が例年以上に少なかったので、仕事を回すのがとても大変でした。その中で発表に携わって下さった生徒・先生方との連絡をとるのは苦労しました。来年もしっかり活動できるように教えながら活動することを心がけました。
一番のやりがい
連絡をした後に生徒・先生方から、頑張れ、の一言をいただいた時にやりがいを感じました。少しでも開会式があってよかった、っと思っていただけたら、部門としてもやりがいの感じることだと思います。
一言
多くの人に連絡したり報告したりする機会がありますが、その全員に開会式に携わってよかったと思っていただけるように、来年度の開会式部門員も頑張ってください!

中後夜祭部門

一番大変だったこと
今年度の中後夜祭では、「一人一人が参加できる中後夜祭」というコンセプトの下、中夜祭の流れを例年と大きく変えたり、様々な企画を立てていきました。新たな取り組みに挑戦していくなか、何度も壁にぶつかり、新しく何かに挑戦することの大変さを痛感しました。
一番のやりがい
年に一度しかない、生徒のための特別な時間。2日間行われるこの中後夜祭には、多くの時間をかけて取り組んでいくため、やり遂げた後の達成感はとても大きいです。一番やりがいを感じるのは、終了した後、多くの人から楽しかった!良かった!という声が聞けたときです。
一言
今回の青春の1ページは終了しましたが、みなさん楽しめたでしょうか?多くの人のお陰で、最高の中後夜祭を作ることができました。素敵な時間を、心からありがとうございました!!

プログラム・ポスター部門

一番大変だったこと
昨年から使い始めたソフトを引き続き利用し、プログラムを制作しました。様々なアクシデントにより、入稿が遅れ不安を感じるなか、顧問の先生方や幹部を始めとした部門員に支えられ、プログラムを完成させることが出来ました。
一番のやりがい
完成したプログラムを皆さんに配り、じっくり読んで下さっている姿を見て、やり甲斐を感じました。また、プログラムや地図を褒めて頂いた時にこの部門に入って良かったと改めて感じました。来校者の方が校内で迷うことを避けるために階段にアルファベット表記をつけましたが好評で良かったです。
一言
銀杏祭お疲れ様でした!!顧問の先生方や部門員、部門に関わって下さった方々本当にありがとうございました。

食品部門

一番大変だったこと
食券の作成が大変でした。各団体に個数を聞き食券を作成しているのですが、部門員の人数が少ないので、さまざまな人の手を借りながら行いました。
一番のやりがい
銀杏祭が終了した時の達成感です。表で活躍することはほとんどなく、各食品団体に向けてという形が多いので、全食品団体の会計が終わった時点で一番のやり甲斐を感じます。
一言
今回、たくさんの方々に協力していただきできました。顧問の先生方や、部門員、クラスの方々、銀杏祭幹部など、本当に色々な人の協力があって無事に終えることがでしました。本当にありがとうございます。

装飾部門

今年大変だったこと
例年通り装飾部門は人が少なくて苦労しました。一番大変だったのは連絡だったと思います。後輩の教室に行って連絡するのがとても怖くて(笑)仕事の面でも、やっぱり人が少ないので作業も思うように進まず大変でした。
一番のやりがい
やっぱり、準備期間中、本祭終了後に先生方や生徒に「今年のあれ!よかったよ!」と言ってもらえるのが1番やりがいを感じました。何かにやりがいを感じるというよりは褒めて貰えた瞬間にやりがいを感じました。
一言
顔はめパネルを作ったんですが校内で生徒の携帯使用は禁止ですから…

イベント部門

今年大変だったこと
人を探すこと。これは今年に限らないかもしれませんが、私は仕事内容からいまいち理解していなかったのでとりあえず顧問の先生には逐一相談。それ以外の人にも報告や連絡することは多かったので、かなりの時間を人探しに掛けていた気がします。
一番のやり甲斐
出演団体が本番全力でパフォーマンスをして、観客もそれを楽しんでいるのを見ること。音響などの細々としたミスもかなりありましたが、それでも沢山の人に楽しんで頂ければその裏方を務める部門としてもそれが一番やり甲斐を感じます。
一言
楽しい銀杏祭をありがとうございました!

委員長インタビュー

一番大変だったこと
大変なことだらけでした。テーマを決めるところから苦労しました。新しいことをやりたいと思っても、それを実現させることは難しく、自分の力の無さに心が折れかける日々でした。幹部をまとめることすらも大変でしたし、自分達はどのような銀杏祭にしたいのかという、目標を見失いかけることも多かったです。

一番のやりがい
生徒の皆さんが一生懸命に企画を考え、一生懸命に取り組んでいる姿を見られたことです。1,2年生も学習発表の準備を工夫しながら行っていたと思います。準備期間中から後夜祭まで、一人一人が活躍し、銀杏祭という行事が作られていく景色にやりがいを感じました。

一言
学習、一般、食品、イベント、部活、委員会、部門と、どの活動も素晴らしく、来校者の方からもとても良かったという感想を多くいただきました。それに加えて皆さんが楽しかったと感じていただけていれば幸いです。ご迷惑をたくさんおかけしましたが、ありがとうございました。

グランプリ団体一覧

一般参加団体グランプリ

怪盗ミニオン~卒業アルバムを取り返せ~

食品参加団体グランプリ

ラ・ラ・ランチ

イベント参加団体グランプリ

Dragon&Peace

学習参加団体グランプリ

一年総合学習

部活動参加団体グランプリ

管弦楽部

校長賞

六年卒業研究

ポスターグランプリ

怪盗ミニオン~卒業アルバムを取り返せ~