2018年度生徒会長、副会長より

11月6日に生徒会長選挙が、12月4日に副会長選挙が行われ、次期生徒会長、副会長が決定しました。そこで、生徒会長と副会長に公約や意気込み、現段階での公約達成への動きを伺いました。

生徒会長より

平成30年度生徒会長です。これまでの前期課程評議委員長や庶務局副局長の経験を生かして、来年度1年間、生徒の皆さんが充実した学校生活を過ごせるよう最善を尽くします。至らぬ点もたくさんあると思いますが、よろしくお願いします。来年度、東大附属は創立70周年を迎えます。それに伴い6月1日には東京大学本郷キャンパスの安田講堂で記念式典も行われます。私は70周年という節目の年をきっかけにして、生徒の皆さんがより過ごしやすく、より楽しい学校‎を「想像を創造する生徒会」のスローガンのもと実現させます。
具体的には、パブリックコメントや目安箱で皆さんから意見を集め、これまで実現不可能とされてきたことも積極的に議論し、改善していきます。集まった意見は中央執行委員会内で話し合い、必要に応じて先生方や保護者の方からも意見をいただき、より現実的な形にして可能な限り実行していきます。また、生徒会の「見える化」をはかり、前期生を中心に生徒会活動に興味を持ってもらい、幹部学年になったときにスムーズに生徒会を運営できるようにします。これにより生徒会の大きな問題である「引継ぎの甘さ」を改善します。そのほか、総務委員会との連携も強化し、議案がスムーズに議決、実行できる体制を作っていきます。
次に12月20日現在の進捗状況をお伝えします。私たちは来年度、中央執行委員会にも創立70周年に関連した依頼や仕事が多く寄せられることを想定し、それらの業務を担当する新しい機関、創立70周年記念特別企画実行委員会の設立を計画しています。この委員会は常設の委員会とは異なり、中央執行委員会の1機関として活動する予定です。1月10日の総務委員会で議決されれば正式に成立し、活動を始めます。次年度には委員も募集する予定です。生徒会に興味がある人はぜひ参加してみてください。この委員会では記念式典のお手伝いや、来年度新たに始めるイベントなどの企画、運営を行う予定です。また、局長、委員長の面接も終わり、1月の初めに掲示できる予定です。すでに、体育祭実行委員会や銀杏祭実行委員会などの各委員会、局は来年度に向け動き出す準備をしています。70周年という記念すべき年にふさわしい生徒会を目指して頑張ります。来年度の3月に生徒の皆さんが「今年の生徒会は良かったな!」と思っていただけたら幸いです。1年間どうぞよろしくお願いいたします。

副会長より

五人という多くの候補者がいる中で副生徒会長になれて本当に嬉しく思います。一人だけということで行動しやすい一方、生徒会長を支えつつ膨大な仕事を一人でさばいていかなければならないということになり、心配なことも多々あります。しかし、そのような中で精一杯自分がやるべきことをこなし、生徒会長の右腕となっていきたいと思います。
私は「生徒会のマネージャー」になるという考えをもとに三つの公約をやっていきます。一つ目、月ごとに局・生徒会長・副生徒会長の予定の作成をします。前年度の生徒会は柔軟な対応をしていくために年の予定のみをたてていたと聞きました。ですが今年は70周年記念ということもあり多忙な一年であると考えたので、月の予定を立てることでより明確に迅速に行動できるようにしていきます。二つ目に、今まで通り局の活動報告は継続していきます。活動報告をすることで局同士が何をやっているのか把握し、連携を取りやすい環境を作るためです。三つ目に、To-Doリストの導入をしていきます。そもそもTo-Doリストを知らない人も多いと思います。これは簡単に言うといつまでに、何をするのかを明確にするためのリストです。これをすることで、局の運営状況や仕事量が可視化でき仕事が滞ってしまったときに生徒会全員でサポートできます。この三つを行っていくことで、局・生徒会長・副生徒会長同士で連携を強化し、運営がスムーズになり、生徒会長のサポートがみんなでできるようになります。
あと、「思い出に残る70周年記念」にしたいと思いタイムカプセルをつくろうとしています。この公約に関してはPTA主催でやるか、生徒会管轄でやるかは確定していません。PTAの方でやることになったのならば関われる限り関わっていきたいと思っていますし、生徒会管轄でやるのならばもちろん、全力で企画していきたいと思っています。また、私が考えているタイムカプセルは各クラスで栄園のクラスページのように一枚にまとめてもらいそれを埋めるか、生徒会の方で厳重に保管して、5年から10年ほどで取り出したいと考えています。
現在、予定表やTo-Doリストの試作品を作成したり、次期生徒会長と少しずつではありますが生徒会について話し合っています。引き続き、次年度に向けて頑張っていきますので、ご協力よろしくお願いします!